めがね橋

碓氷峠鉄道施設群「めがね橋」

通称「めがね橋」として親しまれている煉瓦アーチ橋で径間(アーチ)数4、
長さ91m、高さ31mでわが国最大規模の煉瓦づくりアーチ橋です。
200万個以上の煉瓦を使い、わずか7ヶ月間で作られました。

明治25年(1893年)に完成し、アプト式鉄道を支えてきましたが、
昭和38年(1963年)新線開通に伴い廃線となりました。明治27年の
補強工事で支柱も太くなり、アーチ部分も以前より厚くなりました。

平成5年に国の重要文化財に指定され、平成13年廃線敷を利用した
遊歩道「アプトの道」として整備され、現在は橋上を歩くことができます。